トップラン株式会社
ブログ

新居にエアコンを取り付けるベストなタイミング

新築の家を建設している際、エアコンの取りつけは避けては通れない道です。

新居にエアコンを取りつける、ベストなタイミングがあることを知っていますか?

実際に聞いてみると、「わからないから業者にお任せ」という方が多くいらっしゃいます。

ここではそのような方々に向けて、新居にエアコンを取りつけるベストなタイミングを紹介します。

エアコンを取りつけるタイミングとしては、建築中と建築後の2パターンに分けられます。

建築中にエアコン工事を行う場合のメリットとしては、家が完成し入居したらすぐにエアコンが使えるという点です。また、建築中にエアコンを取りつけるようにすることで配管を壁の中に隠せたり(隠蔽配管)、天井に埋め込むタイプの特殊なエアコンの設置も可能になります。

特に隠蔽配管を建築後にしようとするとかなり難しいため、配管を隠したい方はハウスメーカーに事前に相談して、配管だけでも建築中にすることをおすすめします。しかし、建築中にエアコンを取りつける場合は、ハウスメーカーに依頼する形になるので、費用が高くなる傾向があるので注意しましょう。

建設後にエアコン業者に依頼してエアコンを取りつける場合は、費用が安く済むというメリットがあります。その理由は、家の建築全般を担当するハウスメーカーよりも、エアコン工事を専門に行っているエアコン業者の方が、エアコン本体の価格や工事の費用を安く済ませられるからです。

新築の購入にはかなりの金額がかかるため、その他の費用は少しでも安く抑えたいという方が多いでしょう。そのため、隠蔽配管や天井に埋め込むタイプの特殊なエアコンを使いたい場合を除く多くのケースでは、建築後のエアコン取りつけをおすすめします。

「入居日すぐにエアコンを使いたい!」と思うかもしれません。

その場合は入居日が決まり次第すぐに、入居日に合わせてエアコンの取りつけを業者に依頼すれば問題ないでしょう。

ここまでそれぞれのメリットやデメリットをお伝えしてきましたが、「エアコンの取りつけをどのタイミングでお願いしようか」と悩んでいる方は、費用を節約するためにも、エアコン業者に建築後のタイミングで取りつけを依頼することをおすすめします。