トップラン株式会社
ブログ

福岡市の引っ越しでエアコン工事の取りつけ・取り外し・移設が必要な場合について

エアコンの工事は新築のお家を建築する際に必要であるのはもちろんのこと、引越しした場合にも必要になることがあります。また、中には前のお家で使っていたエアコンを引越し先に移設しようと検討している方もいるのではないでしょうか。

「引っ越しの際のエアコン工事は一緒に引っ越し業者に頼んじゃおう」と考えている方も多いかもしれません。引っ越しと一緒にエアコンの工事も依頼できるのは一見するとお得に感じるかもしれません。

しかし、エアコン工事を引っ越し業者に依頼する際には注意しなければならない点もあります。ここではエアコン工事を引っ越し業者に依頼するデメリットを紹介するので、確認しておきましょう。

1点目は「工事の費用がやや高いこと」です。引っ越しの手続きと一緒にエアコン工事の手続きもできるため、手続きはとても簡単ですが、その分引っ越し業者の中間手数料が必要になるため、エアコン工事専門業者に依頼する場合よりも料金が割高になることが多いです。

引っ越しの費用は決して安いものではありません。それに合わせて引っ越し業者にエアコン工事を依頼するとさらに費用が高くなってしまいます。

そのため、少しでも費用を安く済ませたいと考えている方は引っ越し業者ではなくエアコン工事を専門としている業者に依頼することをおすすめします。

2つ目は「追加料金などのトラブルが起こる可能性があること」です。引っ越し業者にエアコン工事を依頼しても、実際に工事を行ってくれるのは引っ越し業者そのものではなく、別の工事業者であることがほとんどです。

その場合、引っ越し業者から出された見積もりとは別に、工事業者から別途追加料金を請求され「そんなの聞いてなかった」とトラブルになる可能性もあります。これはお客様と工事業者が直接やり取りできないことが原因です。

そのようなトラブルを避けるためにも、エアコン工事は引っ越し業者に依頼するのではなく、自分で直接やり取りができるエアコン工事業者に依頼することがおすすめなのです。

上記の2点「費用の高さ」「追加料金のトラブルの可能性」が引っ越し業者にエアコン工事を依頼することのデメリットです。引っ越し業者にお願いする場合は手続きが簡単というメリットがありますが、費用を重視したい方は、引っ越し業者ではなくエアコン工事の専門業者に依頼することをおすすめします。